門真国際映画祭2020
映画で世界は繋がれる。

Kadoma International Film Festival2020
Movies connect the world.

門真国際映画祭2020は、12の言語で44の国と地域から1020本の映画作品が届きました。 その中から78作品を上映します。
国内の作品だけではなく、日本では観ることのできない映画や映像が盛りだくさんです。

8月14日に行われた、授賞式の写真をアップしました!(375枚)
写真ギャラリーはこちら



写真を動画でふりかえるには、こちらのyoutubeをご覧ください。
(こちらの動画は写真の抜粋となっています)

門真国際映画祭2020が、無事に終了しました。

先月、8月15日に門真国際映画祭2020のルミエールホール会場が閉幕となり、その後14日間の感染症発症者確認期間を置いて、発症者はひとりも確認されませんでした。

幾度となく感染症対策を強化したこともあり、今年度から内閣府の許認可を得て日本政府後援の民間表彰制度となった門真国際映画祭は、パンデミック(感染症の世界的大流行)以降、国内で初めてお客様を会場に迎え入れて国際映画祭を開催しました。

2020年は映画にとって受難の年となりました。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響下、カンヌ国際映画祭を筆頭に世界中の国際映画祭が開催中止や延期、無観客での開催やインターネット上だけでの開催に追い込まれる中、門真国際映画祭は実会場での開催を諦めることなく準備を重ねてきました。

今年は実会場ルミエールホールでの開催に加えて、初めてウェブでの上映や授賞式の生配信を行いました。これらの取り組みはいつどの様な状況になろうと、お客様に本年度最良の映画を届けたいという強い想いの結実です。

開催地である大阪府では感染者の増加傾向がみられる状況でしたが、いわゆる「間引き座席」の効果を正しく疑問視し、映画館と同じく、1時間に4回自動的に全館の空気が入れ替わる空調設備の運用が法律で定められているルミエールホールにおいて、映画鑑賞は感染症対策にとても強い遊興であることを実証することができて、本当に良かったと思います。

マスクなどの感染症対策を行っていれば、映画は座席を間引くことなく安全にお楽しみいただくことができます。映画館での映画鑑賞は極めて安全であることを全世界に向けて伝えたいと思います。

門真国際映画祭の開催は今年で3回目で、海外作品に日本語字幕を付けて上映する作品数では世界最多を誇ります。

今年度の門真国際映画祭は、世界44の国と地域から1020本のご応募があり、その中から78作品の映画を選出、優秀作品として上映をしました。

最優秀作品賞や大阪府知事賞、門真市長賞、最優秀J:COM賞、そして最優秀俳優賞や最優秀ダンサー賞に輝いた作品の監督や俳優、ダンサー達の授賞式での晴れ姿は、ウェブ会場でご覧いただけます。

これからも門真国際映画祭は誠心誠意、映画の振興に取り組んでまいります。引き続き、ご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

門真国際映画祭運営事務局代表

特定非営利活動法人 門真フィルムコミッション 理事長 奈須 崇

ショップページを開設しました

門真国際映画2020
国内作品 各賞

【国内作品 映画部門/NARRATIVE】
・最優秀作品賞/Best Narrative Film あらののはて
・大阪府知事賞/Osaka Governor’s Award Vtuber渚
・門真市長賞/Kadoma Mayor’s Award 隣人のゆくえ
・最優秀監督賞/Best Director 蝸牛
・最優秀脚本賞/Best Screenplay ある母
・最優秀撮影賞/Best Cinematography おべんとう
・最優秀編集賞/Best Editing グラフィティ・グラフィティ!
・審査員特別賞/Judges Choice Award レイディオ
・最優秀主演男優賞/Best Actor in a Leading Role 古矢航之介(ビーンズ・ラブ)
・最優秀主演女優賞/Best Actress in a Leading Role 佐藤睦(Vtuber渚)
・最優秀助演男優賞/Best Actor in a Supporting Role 宮河愛一郎(飛んで、流れて、消えて)
・最優秀助演女優賞/Best Actress in a Supporting Role 鯉沼トキ(写真の女)

【国内作品 ドキュメンタリー部門/DOCUMENTARY】
・最優秀作品賞/Best Documentary 香港画
・大阪府知事賞/Osaka Governor’s Award 今日もどこかで馬は生まれる

【国内作品 舞台映像部門/STAGE FILM】
・最優秀作品賞/Best Theatre Film 発表せよ!大本営!
・門真市長賞/Kadoma Mayor’s Award 10分間2019~タイムリープが止まらない~
・最優秀撮影賞/Best Editing 夢見る喜世子レヴュー
・最優秀主演男優賞/Best Actor in a Leading Role 津和野諒(発表せよ!大本営!)
・最優秀主演女優賞/Best Actress in a Leading Role 真寿美(夢見る喜世子レヴュー)
・最優秀助演男優賞/Best Actor in a Supporting Role 矢吹ジャンプ(発表せよ!大本営!)
・最優秀助演女優賞/Best Actress in a Supporting Role 橋本美優(夢見る喜世子レヴュー)

【国内作品 ダンス映像部門/DANCE】
・最優秀作品賞/Best Dance Film 有相無相
・大阪府知事賞/Osaka Governor’s Award unconditionally
・門真市長賞/Kadoma Mayor’s Award O・MU・SU・BI -RICE BALL-
・最優秀男性ダンサー賞/Best Male Dancer YOH (「Hands Away」HVOB+Winston Marshall
・最優秀女性ダンサー賞/Best Female Dancer Danzatakara. (RIVER)
・最優秀群舞賞/Best Dance Ensemble My Way
・最優秀撮影賞/Best Cinematography 「Hands Away」HVOB+Winston Marshall
・審査員特別賞/Judges Choice Award hana sugaya (蝶々結び🦋 13歳)

【国内作品 観光映像部門/TOURISM】
・最優秀作品賞/Best Tourism Film 長生ノスタルジア

【全作品を通しての賞】
・最優秀J:COM賞/Best J:COM Award Vtuber渚
・優秀J:COM賞/J:COM Award 蝸牛
・優秀J:COM賞/J:COM Award 発表せよ!大本営!
・最優秀ケータリング賞/J:COM Award 写真の女

門真国際映画2020
海外作品 各賞
FOREIGN FILM Award

【海外作品 映画部門/FOREIGN FILM NARRATIVE】
・最優秀作品賞/Best Narrative Film One to Ten (十まで数えて)
・大阪府知事賞/Osaka Governor’s Award Outcast (変わった子)
・門真市長賞/Kadoma Mayor’s Award A world out there (パパがくれた世界)

【海外作品 ドキュメンタリー部門/FOREIGN FILM DOCUMENTARY】
・最優秀作品賞/Best Documentary When We Walk (君と歩けば)
・創生知見賞/New Perspective Award Miyamoto and the Machine: The Story of KenKen (宮本哲也と賢くなるパズル)

【海外作品 アニメ部門/FOREIGN FILM ANIMATION】
・最優秀作品賞/Best Animation To the dusty sea (埃まみれの海辺に)
・大阪府知事賞/Osaka Governor’s Award Wade (ウェイド)
・門真市長賞/Kadoma Mayor’s Award ON (オン)
・最優秀キャラクター賞/Best Animation Character A Big Mission (おっきなお仕事)

【海外作品 ダンス映像部門/FOREIGN FILM DANCE】
・最優秀作品賞/Best Dance Film The Embrace of the Valkyries (ワルキューレの抱擁)
・門真市長賞/Kadoma Mayor’s Award The Last Children (最後の小学生)

入場制限につきまして

門真国際映画祭2020は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で座席が減ってしまう可能性もあり、特に授賞式は毎年お立ち見が出る催しとなっておりますので、一般の方のご観覧はチケットをお持ちであっても、入場制限の対象となり、ご覧になれない可能性があります。
あらかじめご了承ください。‬

門真国際映画祭2020 会場・日程

8月13日(木)〜15日(土)
会場:ルミエールホール(門真市民文化会館)
〒571-0030 大阪府門真市末広町29番1号